予防歯科 - 向ヶ丘遊園駅となりビル3階の「近藤歯科」

向ヶ丘遊園駅となりビル3階の歯科医院・歯医者さん「近藤歯科」 日曜(隔週)診療・休日診療

近藤歯科



土曜・日曜(隔週)も16:30まで診療

電話044-932-0418

予防歯科

予防とは?

予防歯科現在アメリカ、スウェーデンでは歯は80歳で15本、“8015”日本では80歳で5本、“8005”残ってるというデータがあります。

今、日本歯科医師会が主体となって厚生労働省の協力のもと80歳で20本の歯を残そうという8020(ハチマルニイマル)運動が行われています。
80歳で20本の歯があれば十分な食生活が維持でき、脳にも咬合により適度な刺激が伝わり老化の防止にもつながるという事で行っています。

それではなぜ日本では8005なのか?
その原因は今までは痛くなったら、何かあったら治療を受ける、また痛みがとれたりその原因が治ったら終わり。そして、また痛くなったり何かあったら治療をするという悪循環にあったと思います。そのため虫歯や歯周病が進行し最終的に歯を抜かなくてはならない状態になり8005ということになるのです。

近藤歯科近藤歯科では患者さんの訴えに対しては早急に対処し、痛みや苦痛を取り除き、その後口の中全体を見てレントゲン写真や模型を参考にし審美的な面は大丈夫か、咬み合わせは良いか十分に検討し全てが大丈夫という状態にして終了としています。


そしてそこから“リコール”制度により虫歯・歯周病を再発させずに、いつも健康で調和のとれた口の中に保つ予防に重きを置くようにしています。
「痛くなったら、何かあったら」ではなく「何かを起こさせずに歯を残していく」という考え
それが予防歯科です。

お子さんの予防歯科

子供の虫歯予防まず子供の虫歯予防には歯ブラシ、食生活、フッ素、キシリトールなどの方法があげられます。 ここではフッ素の性質と使い方について説明していきます。フッ素が口の中にあると歯がそのフッ素を取り込んで虫歯菌の出す酸に溶けにくい強い歯を作ってくれます。
使用法には大きくフッ素洗口法、フッ素配合歯磨き粉、フッ素歯面塗布法と分かれます。

もっともポピュラーなのは歯磨き粉の使用で、これは小さい子供からお年寄りまですべての年齢層で使用できます。注意点として歯を磨いたあとのうがいは2回以内にすること。あまりうがいし過ぎると口の中のフッ素が洗い流されて効果がうすれてしまいます。また歯を磨くのを夜寝る直前にするとより効果が発揮されます。

フッ素歯面塗布法とは比較的濃度の高いフッ素を直接歯に塗る方法です。これは歯医者さんに来てもらって年に数回行います。ブクブクうがいのできない小さい子供や定期検診時に有用です。

最後にフッ素洗口法。これは薬局や歯医者で購入した粉末状のフッ素を水に溶かして毎日もしくはブクブクうがいをします。どれも20~40%くらいの予防効果が得られますがとくに洗口法では50~80%と高い予防効果が期待できます。またこれらの方法はそれぞれを組み合わせて行っても問題ありません。

近藤歯科

周辺地図・診療時間・※日曜診療・休日診療(お盆も休まず診療)を行っています。