インプラント治療 - 向ヶ丘遊園駅となりビル3階の「近藤歯科」

向ヶ丘遊園駅となりビル3階の歯科医院・歯医者さん「近藤歯科」 日曜(隔週)診療・休日診療

近藤歯科



土曜・日曜(隔週)も16:30まで診療

電話044-932-0418

インプラント治療

インプラントとは?

implant01.jpgインプラントとは人工歯根という意味で、歯を支えていたあごの骨に麻酔をして専用の器具を使って穴をあけ歯の根の代わりとなる金属の棒を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる治療法です。
人工歯根に使われる金属はチタンです。チタンは骨とくっつく性質を持っているので、金属アレルギーの人にも用いられるように体の中でも変化せず、人体に無害な性質から利用されています。

インプラント治療を行った後には、かむ力は自分の歯と同じくらいに回復します。
治療時の痛みもほとんどなく、差し歯のように歯を削らず、見た目も入れ歯と違いバネが見えたりすることもなく自然な仕上がりになります。しっかり歯を磨き、手入れをしていただければ自分の歯のようにずっと使えるものになります。

インプラント治療について

手術の対象の方

まずインプラントが出来る方は失ってしまった方、もしくは生まれつき何本か歯が足りない方が対象となります。
治療にあたって虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の治療がある場合は先に行います。歯ブラシがきちんとできない人には行うことができません。また全身的に病気を持っていてインプラント手術が出来ない方もできません。そして口の中の環境を整えてから行います。

手術について

インプラント治療をするには2回手術をする必要があります。
1回目の手術は、最初にレントゲンやCT撮影を行い、骨の量、高さを見て分析をします。
充分に骨があるのを確認してからインプラント手術の準備に入ります。もしここで骨の量が十分でない場合は、骨を作るお薬を使うことを検討するか、場合によっては断念する場合もあります。
まずインプラント治療を行う部位に麻酔をして、(麻酔は歯を抜く時と同じくらいの量で充分です)歯肉を少し開いて骨の幅を見ます。そして確認後に骨に穴をあけます(痛みは麻酔が効いているのでありません)。レントゲンやCTを何度も確認しながらインプラントを埋め込みます。そして終わった後、歯肉を縫合します。
これで一回目の手術は終わりです。


手術中は麻酔が効いてるためほとんど痛みがありません。術後も麻酔がさめてからは、痛み止めと抗生物質の薬を飲んでいただくため、ほとんど痛むことはありません。翌日に傷口の消毒を行い一週間くらいして糸をとります。その後インプラントが骨とくっつくまで上の歯で6ヶ月ほど、下の歯で3ヶ月~4ヶ月ほど待ちます。


2回目の手術は1回目の手術に比べればすごく簡単な手術で終わります。インプラントがくっついた事を確認し、埋め込んだインプラントの上に歯を取り付けるための金具を付けて終わりです。本数にもよりますが、30分程度で終わる場合もあります。そしてこのあといよいよ上に歯を作っていきます。

インプラント専用手術室
implant02.jpg安全に、かつ清潔にインプラント治療を行う為に専用の手術室をご用意しています。インプラント治療では精密な治療を要求されるだけでなく、骨に直接インプラント体を埋め込む手術をするわけですから、必ず無菌状態で行わなければなりません。
そのため専用の手術室が必要になるわけです。

歯科用CT撮影装置歯科用CT撮影装置
先進的なインプラント治療や歯周病治療などを「安全に」行う為にはCT撮影は不可欠と言われています。
当院では外部に委託するのではなく、CT撮影装置を導入しておりますのですぐに分析や治療に入ることができます。

※歯科用CT(Computed Tomography;シーティー)とは、コンピュータ処理により撮影データを3次元的に構築し、骨の状態などが正確・高精度に診断できる装置のことをいいます。

近藤歯科

周辺地図・診療時間・※日曜診療・休日診療(お盆も休まず診療)を行っています。